TOPSEO対策
SEO対策

SEO対策とアクセスアップ方法は…

利用者は一般的にYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使ってホームページで情報を探すことが多いため、 それらの検索エンジンに自社のホームページが掲載される必要があります。利用者が検索するときに調べたいキーワードを 入力した結果に表示された関連するホームページを(より上位に)表示されるようにするのがSEO対策です。

他社より上位表示されるためには…

ホームページの記述はW3C規定とおり正しく記述する

HTML構造や構文をW3CのHTML規約とおり正しく記述する。
これは巷のHP制作会社でも意外と守られていません。高額な費用を掛けて美しいホームページを制作してもらったけどSEO対策的には×××…。

ホームページ制作を依頼するときは、先ずそのホームページ制作会社のホームページの全ページが正しいHTML構文で記述されているか、ここでチェックしてみましょう。 いくら宣伝文句が(見せ掛け)良くてもエラーが(HTML記述構文違反)多発しているホームページ制作会社はデザイン(見た目)だけに走り、そのような制作会社に依頼すると、SEO的にも後悔することになります。

家の購入で例えると、外観(見た目)は洗練されているのに、骨組みが建築基準法に合致していない(建築の知らない素人が、誤った自己の知識だけで家の要である骨組みを作っている)のと同じこと。 ホームページ制作価格の安さやデザインの特異性、技術力の優位性のキャッチコピーだけに騙され、ホームページ制作を依頼してしまう方も多いようです。

昨今、HTML文法の誤りは特に CSS の取り扱いに集中しており、プロでも正確に理解していない人が多いのが現状です。(意外とCSSを正しく理解していない制作会社が多い)

CSS の使用法を正しく

名高いホームページ制作会社でも、W3C準拠以前の問題が多いホームページ制作例が沢山あります。 デザインを得意としている制作会社は特に多い傾向で、制作実績数や制作価格の安さを誇示しているホームページ制作会社の一部では、 HTMLやCSSを正しく理解せずに制作(販売)するケースも多く見受けられます。(同業として残念であり悲しいです)

このように、見た目(デザインの優位性)ばかりをアピールして、正しいHTMLやCSSを理解していないホームページ制作会社が意外と多いので気をつけましょう

CSSの誤りの多い順から列記してみました。御社サイトを今一度、チェックしてみましょう。

○ 1位: ID と class の使用法を間違えている (これが異常に多い)

○ 2位: プロパティのセミコロンを付け忘れている

○ 3位: CSS の優先度を無視した記述をしている

○ 4位: CSS が適用されていない

○ 5位: 子孫セレクタの構造が誤っている

○ 6位: デフォルトCSSを初期化していない

○ 7位: ブラウザ毎のCSSの解釈の違いを吸収していない

○ 8位: 属性指定をCSSで行っていない

○ 9位: スクリプト系の属性指定を旧来のものを指定している

○10位: XHTMLなのに大文字でタグや属性を記述している

※ホームページ制作を依頼するときは、先ずその会社のホームページが、HTML構文規約とおり正しく記述されているか見るのが一番なのです。

XHTML + CSS で制作する

HTMLの無駄を徹底的に排除し、JavaScript等を外部に置き、タグ類の動作指定は外部CSSとしてページ容量を小さく(軽く)する。HTMLでもXHTMLでも正しく記述すればSEO的にも有利です。

フレーム構造は使用しない

一時流行ったフレーム構造形式のホームページは検索エンジン対策には現在不向きとなっています。勿論それらを有る程度回避する手法もありますが現在ではお勧めしていません。

FLASHを多用したホームページは使用しない

見た目はインパクトがあり面白いですがSEO対策観点から考えると、一つもメリットはありません。ブランドや企業イメージだけを全面に出したホームページであれば、意味がありますが一般的な企業であれば 多大な画面を占めるFLASHは利用者にとっては表示されるまでの待ち時間や使い勝手が悪くなるのでお勧めしません。

Yahoo!検索エンジンはビジネスエキスプレスといわれるカテゴリー(有料)登録

登録により同業他社よりも検索順位が有利になる傾向があります。

また、ホームページを制作する仕様も XHTML + CSS で軽量化を図りつつホームページの構文を厳格に記述する必要があります。

一部のホームページ制作会社は見た目は良いがホームページを記述している構文がデタラメ(素人に作成させている)だったり、 HTMLのバージョンと構文仕様が一致していなかったりとプロとして目を疑う内容で商いを行っているところが多々目に付きます。

ピーシーウェブではSEO対策に特化したサービスは行っていませんが、HTMLの仕様を厳格に守り正しい記述を行うことにより、SEOとしての効果が あることを実証しています。正統派としてのお仕事をさせて頂いております。

ページトップへ

SEO対策ホームページ

銀行のSEO対策
病院のSEO対策
歯科のSEO対策
美容形成外科
介護施設SEO対策
福祉施設SEO対策
保険代理店
寺院のSEO対策
美容室のSEO対策
理髪店のSEO対策
幼稚園のSEO対策
大学・専門学校
教育機関・施設
市町村団体
市町村議員
司法書士SEO対策
国会議員SEO対策
行政書士SEO対策
公共団体SEO対策
旅行会社SEO対策
養成所のSEO対策
輸送・運送業
貿易会社SEO対策
証券会社SEO対策
先物取引SEO対策
FXのSEO対策
弁護士のSEO対策
学会のSEO対策
番組制作SEO対策
日本蕎麦店
内外装工事
土地調査業
精密機械SEO対策
機械工作SEO対策
樹脂加工SEO対策
動力機械SEO対策
モーター・ポンプ
太陽・風力発電
電線材製造
海洋開発SEO対策
船舶のSEO対策
漁業のSEO対策
航空会社SEO対策
整備会社SEO対策
警備会社SEO対策
通信会社SEO対策
無線通信機
アンテナ会社
電気修理業
電気工事SEO対策
仲介業のSEO対策
中古自転車販売
探偵業のSEO対策
葬儀業のSEO対策
占いのSEO対策
山岳倶楽部
政党のSEO対策
水道工事SEO対策
人材派遣SEO対策
針灸・整体
新聞販売店
食料品販売
塾・スクール
自動車販売
自転車販売
建築・鉄工
園芸・植物
造園・植木
音楽・芸能事務所
地域新聞社
アトリエSEO対策
写真スタジオ
居酒屋のSEO対策
貴金属のSEO対策
質屋のSEO対策
学術団体・学会
各種販売業
各種団体SEO対策
各種商社SEO対策
各種協会SEO対策
会計事務所
音楽関係SEO対策
映像制作SEO対策
地域放送局
医療・美容
百貨店・スーパー
コンビニSEO対策
移動販売
警備SEO対策
駐車場業
土地・建物管理
看板・広告
エステサロン
公衆浴場・スパ
レンタル業
リフォーム
リサイクル
マリンクラブ
ボランティア
ペット販売
フランス料理店
ブライダル
ファッション
ファストフード店
バイク販売
テニスクラブ
スポーツ施設
システム開発
コンサルティング
クリーニング店
ガス工事SEO対策
うどん屋SEO対策
ウェディング
イタリアン料理店
NPO法人
その他対応可能


レンタルサーバの販売や再販には電気通信事業者の資格が必要です。

所属団体・組織

柏商工会議所会員

柏法人会会員

千葉県柏市のホームページ制作会社・ピーシーウェブはデジタルコンテンツ協会会員


日本電子商取引事業振興財団会員

ECサイトの健全な発展に様々な努力をしています


まいぷれ柏

まいぷれ[柏市]は、柏に密着した生活情報をお届けする地域情報サイトです。近所のお店からのお知らせや口コミが満載。

登録認定パートナー

トレンドマイクロ 登録認定パートナー

シマンテック 登録認定パートナー

マカフィー 登録認定パートナー


柏市のホームページ制作会社 株式会社ピーシーウェブは Yahoo!カテゴリー登録サイトです


Valid XHTML 1.0 Transitional
正当なCSSです!

ホームページ制作とSEO対策は千葉県柏市の、ホームページ制作会社 株式会社ピーシーウェブ
基本エリア:千葉県柏市、船橋市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、松戸市、野田市、取手市、市川市、八千代市、印西市、白井市、成田市、
香取市、守谷市、つくばみらい市、つくば市、三郷市、八潮市、東京都(江戸川区・足立区・千代田区、荒川区、台東区)。
Copyright(C) PCWeb Inc. All Rights Reserved.